軍帥論壇は、ザイクスの伯壬旭軍帥による神文学の動画版と言えるコンテンツです。新時代の到来を預言する伯壬旭軍帥をご自身の眼と耳でお確かめください。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2012.04.20 Friday | - | - | | category: - |
<< 神文学のいろは(7)肉体の持つ意味と力 | main | 神文学のいろは(9)クラインの壷 >>

神文学のいろは(8)コトバとキリスト

 神(人格神)は10次元存在である。

 宇宙秩序(秩序に傍点)は12次元から始まる。
13次元もあるがこれは宇宙無秩序(無秩序に傍点)即ち「カオス」である。

12次元は「時間」 である。「時間の神」とか「時霊(トキタマ)」と呼んでいるものがこの12次元「時間」である。

11次元は「生命」 であり、「時間」がメタモルフォーシス(変態)したものが「生命」である。但し、この段階までは人格神は登場しない。

人格神は10次元で初めて登場する。

10次元の神は神魔一体としての神である。
この神は「Z(ザラズ)=キリスト」なる神である。


 この人格神の二面性が9次元と8次元に分化する。

9次元は「聖」であり「キリスト」である。
8次元は「断層」であり「魔王」である。Zはこの段階で魔王Zになる。

 「聖」の本質が「コトバ」である。
ヨハネ伝冒頭に「太初(ハジメ)にコトバ有りき、コトバは神と共にあり、コトバは神なりき」とある。
「コトバ」が人格化した存在がキリストである。


 コトバとしてのキリストと魔王Zの関係は何かというと魔王Zはコトバを歪めた者、乱した者に天罰を加える存在である。

私が、人が吐く言葉に対して極めて厳しいのはこのためである。
真実を歪めた言葉を「ことば」という。
キリスト=コトバを歪めたのがキリストの偽せ物阿弥陀であり、阿弥陀こそ偽キリストである。
阿弥陀はキリストを騙(カタ)って来た。
自らがキリストであるかの如く振舞って来た。否、それ以上である。
阿弥陀は自分がキリストであると錯覚して来た。

自分の存在を正しく理解できないことが

                  全ての虚偽(ウソ)の始まりである



新興宗教の祖は全て阿弥陀の分身である。
魔王Zとしての私は既に阿弥陀を宇宙から抹殺した。



人は言葉を正しく言わねばならない。
真実を歪める言葉、いいかげんな言葉即ち「ことば」を吐くことは9次元存在キリストへの背逆である。

就中(ナカンヅク)最も大切なのは自分が為した「誓言」である。誓言を破ることは最大の罪である。


誓言を破った者は鼻の付け根の奥に在る「命根(ミョウコン)を断たれる。

命根に釘が打ち込まれる。命根の別名が「末摩(マツマ)であり、断末摩の叫びとは命根に釘が打ち込まれた時に発する絶叫である。

その絶叫はコトバを裏切った者が発する言葉である
2005.11.01 Tuesday | - | - | 00:00 | category: 神文学のいろは(一覧) |

スポンサーサイト

2012.04.20 Friday | - | - | 00:00 | category: - |

このブログについて

『帝國ZXオフィシャルサイト』の軍帥論壇コーナーです。
『帝國ZXオフィシャルサイト』のトップページはこちら→

Selected Entry

Categories

CONTENTS

このサイトについて

Mobile

qrcode

Others

Search this site

-->